読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小鼻が黒いのは産毛が原因?!ザラザラいちご鼻の治し方

小鼻の黒いブツブツ毛穴に悩んでいませんか?実は産毛や角栓で毛穴が黒く見えることがあります。綿棒は?オイルは?スクラブは?脱毛は?どれがいいのか悩んでしまいますよね。黒ずみや白いボツボツやザラザラを解消するために効果的な方法をお伝えしています。自分のタイプを知って正しいケアをすればあっという間に改善できます。

洗顔ブラシは毛穴の黒ずみに効果がある?ない?

洗顔ブラシといえばニキビ効果をうたっている「プロアクティブ」が有名ですね。

 

ニキビだけでなく毛穴の黒ずみに効果があると話題になっていますよ。

 

たしかにブラシで汚れをかきだせばごっそりとれるような気もします。

 

が、注意しないと毛穴の黒ずみが悪化してしまうんだとか。

 

どういうことでしょうか?

 

まとめました!

 

洗顔ブラシのメリット・デメリット


メリット

 

・手で洗うよりもブラシの方が汚れに届きやすい

・洗い残しを防げる

・マッサージ効果がある


デメリット

 

・必要なものまで落としてしまう

・肌に刺激がある

・ブラシのお手入れが必要

 

確かに手で洗うよりも細かい部分までブラシが行き届きますよね。

 

小鼻なんかも指ではついつい洗い残してしまうこともありますが
ブラシならすみずみまで洗うことができます。

 

でもしっかりと洗えるということは
言い方を変えれば洗いすぎてしまうということです。

 

ブラシの力が強ければ毛穴に傷がつき
ダメージにつながってしまうという心配もあります。

 

洗顔ブラシを使うなら注意したいこと

 

とても便利な洗顔ブラシですが
使い方を間違えるとさらなる黒ずみを招きかねません。

 

敏感肌なら要注意!

 

私はそんなに肌が弱い方ではありませんが、

洗顔ブラシを使って洗顔すると肌がつっぱったりヒリヒリすることがあります。

 

なので敏感肌の方には洗顔ブラシを使うことはおススメできません

 

 

f:id:gonmomoko:20170417165045j:plain

 

 

 

長い時間使わない

 

黒ずみを落としたい一心で長い時間洗顔ブラシを使用すると

どうしても力が入ってしまい毛穴にダメージを与えてしまいます。

 

ダメージを受けた毛穴はもとの状態に戻ろうと
必要以上に皮脂を分泌させてダメージの修復にとりかかります。

 

皮脂が過剰分泌したことで毛穴が詰まり

黒ずみができやすくなるという悪循環になります。

 

洗顔ブラシを使う時は

 

・使う時間を決める

・一日に何度も使わない

・力を入れ過ぎない

 

ことに気を付けたいです。

 

ブラシのお手入れも必須!

 

洗顔ブラシで毛穴の汚れをかきだすということは

ブラシはとっても汚れています。

 

見た目にはわからなくても毛穴の角質や皮脂がたっぷりついています。

 

使ったらその都度きれいに洗ってしっかりと乾かしましょう

 


洗顔ブラシは賛否両論いろんな意見がありますが

正直、私は使用をおススメしません。

 

毛穴に刺激が強すぎると感じるためです。

 

でも正しい方法を守って使えば

毛穴の汚れを改善することが期待できます。

 

洗顔ブラシを使ってみたいと思っているのなら
まずは週に一度くらいから始めてみてはどうでしょうか?