小鼻が黒いのは産毛が原因?!ザラザラいちご鼻の治し方

小鼻の黒いブツブツ毛穴に悩んでいませんか?実は産毛や角栓で毛穴が黒く見えることがあります。綿棒は?オイルは?スクラブは?脱毛は?どれがいいのか悩んでしまいますよね。黒ずみや白いボツボツやザラザラを解消するために効果的な方法をお伝えしています。自分のタイプを知って正しいケアをすればあっという間に改善できます。

ぶつぶつ毛穴の4つの原因!黒ずみの正体は?

毛穴がぶつぶつ黒ずんで見えるのには原因があります。

 

原因によって、黒ずみを解消する方法は変わります。

 

自分の毛穴の黒ずみは何が原因なのかを知りましょう!


毛穴の黒ずみのタイプと原因

 

①たるんだ毛穴

 

毛穴がたるんで広がっているため、

毛穴の影の部分が黒く見える状態です。

 

②つまった角栓

 

角栓とは皮脂や角質が混ざり合って毛穴に詰まったものです。

 

毛穴を押すとにゅるにゅるとでてくる白いものですね。

 

その角栓が空気に触れて酸化すると黒くなります。

 

メラニン過剰

 

メラニンとはしみの原因になることで知られています。

 

紫外線対策が十分でない場合、紫外線の刺激から肌を守るために、

メラニンが過剰に作られます。

 

また肌への摩擦でもメラニンは作られてしまいます。

 

f:id:gonmomoko:20170415134531j:plain

 

④毛穴に詰まったうぶ毛

 

毛穴対策はいろいろやったけど効果がでないという場合は、

毛穴に詰まったうぶ毛が原因かもしれません。 

 

毛穴が開いていると中に生えているうぶ毛が黒く見えやすくなります。

 

毛穴の原因ごとの対策方法

 

毛穴の黒ずみの原因ごとの対策を知ることが大切です!

 

①たるんだ毛穴の黒ずみ対策

 

毛穴のたるみの大きな原因は肌の乾燥です。

 

毛穴の黒ずみをとりたい一心で、ごしごし洗顔していませんか?

 

洗いすぎは肌の乾燥を招き、ますます毛穴を広げてしまいます。

 

正しい洗顔方法に変え、肌の保水量を整え、しっとり肌に戻しましょう。

 

②つまった毛穴の黒ずみ対策

 

毛穴を詰まらせないためには、肌に汚れを残さないことが大切です。

 

ただ、洗いすぎると毛穴が乾燥し、

毛穴のたるみ・開きを引き起こしてしまいます。

 

クレンジングや洗顔に時間をかけず、優しく汚れを落とすことが必要です。

 

洗った後は十分に保湿をして乾燥を防ぎましょう。

 

メラニンによる毛穴の黒ずみ対策

 

一年中、紫外線対策していますか?

 

メラニンが過剰に作られないためには紫外線対策が欠かせません

 

オゾン層破壊の影響から、現代人は常に紫外線にさらされる生活をしています。

 

紫外線をカットする商品はいろいろでていますので、

毎日の紫外線対策を習慣にしたいです。

 

④うぶ毛による毛穴の黒ずみ対策

 

顔のうぶ毛を定期的に処理してますか?

 

日本人を含め髪が黒い人種はうぶ毛の色も黒いんです。

 

うぶ毛処理をすると濃くなると心配される方もいますが、

処理することで濃くなることはありません。

 

うぶ毛を処理しただけで毛穴がクリアになり

肌が明るくなったのを感じることができます。

 

自分の毛穴の黒ずみの原因がわかったら、

その原因に合った対策をしていくことが必要になります。

 

ぶつぶつ毛穴は正しい対策をすれば改善できます。

 

毛穴のつまりをピンセットで取るのはダメ?

小鼻から出ている白いにょろにょろを見ると取りたくなりますよね?

 

この白いにょろにょろの正体は毛穴に詰まった角栓です。

 

この角栓、ピンセットで面白いようにとれます。

 

ぽろんと取れるとなんだか毛穴がきれいになったみたい!と病み付きになります。

 

つまようじで掘り掘りしたこともあります。

 

はい、これはちょっと前までの私でした(汗)

 

ピンセットで毛穴の角栓を取り続けると・・・

 

毛穴の角栓はピンセットで簡単にしかもきれいに取れますよね?

 

そう、面白いくらいスッポンと取れます。

 

詰まっていたものがきれいに取れるのですから

角栓がなくなった毛穴はぽっかりと穴が開いた状態です。

 

ピンセットで無理やり引っこ抜くので、

まるで土から大根を抜くように、角栓が毛穴を押し広げながらでてきます。

 

その結果、毛穴がぼっこり広がってしまうのです。

 

毛穴にくっついている角栓を無理やり取るのですから、

その周りの皮膚はダメージを受け、また外気にさらされ乾燥します。

 

毛穴のダメージで乾燥を招く

 

ダメージを受けた毛穴は乾燥します。

 

肌のバリア機能が働いて毛穴を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌します。

 

過剰に分泌された皮脂にほこりや汚れ、

メイクなどが合わさり、さらに頑丈な角栓を作り上げてしまうのです。

 

ピンセットで毛穴の角栓を取り続けると・・・

 

ピンセットで毛穴の角栓を取り続けた私の鼻は、

いつしか黒いぼつぼつになり、さわるとざらざらしていました。

 

気になるのでまた角栓を取ることを繰り返し、

完全ないちご鼻が出来上がりました。

 

f:id:gonmomoko:20170415131413j:plain

 

角栓を取ってしまえば毛穴がきれいになると信じていた

少し前の私に教えてあげたいです。

 

「角栓は取るものではなく、作らないようにすることが大切なんだよ」と。

 

角栓を作らないためには?

 

ピンセットで角栓を取ることが快感になってしまっているあなた!

 

今すぐやめましょう!

 

角栓を作らないためには正しいケアが重要になります。

 

毎日の洗顔や保湿、生活習慣などが重なって角栓は作られます。

 

正しいケア方法をマスターできれば、

もうピンセットで毛穴の角栓を抜くことはなくなりますよ。

 

まずは正しい洗顔から!

 

たっぷりの泡で肌を包み込むように洗います。

 

泡の弾力を使って毛穴の汚れを浮かして落とします。

 

汚れを落としたいあまりに力を入れてゴシゴシこするのはやめましょう。

 

そして洗顔料は肌への刺激が少なくて、

 

余分な皮脂は落とさずに汚れだけを落とせるものを選びたいです。

 

洗顔は毎日行うものですよね。

 

たかが洗顔されど洗顔です。

 

私も正しい洗顔と毛穴に効果的な洗顔料のおかげで

もうピンセットを使うことはなくなりましたよ。